Cafe Rose Garden



カテゴリ:グルメ( 10 )


お友達のお宅にお呼ばれ♪

『果実とハーブのお酒とシロップ ジャムとお茶とコンポート』の本の撮影でお世話になった
ル・プランさんから、ご自宅に遊びに来てとお電話があり、妹とお呼ばれしてきました。

もともと、とても素敵なご自宅だったので、改装すると聞いた時「え~、もったいない!!」と強く思いました。
でも、改装後は、気絶しそうなくらい、素敵になっていました!!
カンブリア宮殿で紹介された『ブルースタジオ』さんに工事を依頼されたそうです。
こんな風に変わるなんて、さすがです。
ル・プランさんは、こだわりの人なので、お互いのセンスが混じり合ってこんなに素敵な空間が
完成したのでしょう!

まずは、素敵な玄関ホール。
玄関から、ため息が出てしまいます。
a0126789_2182826.jpg


a0126789_2195977.jpg


a0126789_2214525.jpg


a0126789_2222210.jpg


a0126789_2225892.jpg


a0126789_2231981.jpg


a0126789_2251890.jpg


a0126789_2263055.jpg


a0126789_2264690.jpg


a0126789_2235857.jpg


a0126789_2241063.jpg


a0126789_2244852.jpg


ル・プランさんをイメージして、お土産に持っていった、お庭のお花のアレンジ。
なんだか、雰囲気がピッタリ。(自画自賛)
a0126789_2273059.jpg


お土産にバナナ・シフォン・ケーキを焼きました。
a0126789_229284.jpg


ウェルカムドリンクは、ライム・ソーダ♪
アンティークのグラスが素敵♪
a0126789_2303227.jpg


美味しいお料理の数々!
a0126789_231077.jpg


a0126789_0365977.jpg


大好きなスペアリブも!!
a0126789_2315241.jpg


お土産のシフォン・ケーキをこんなに素敵にアレンジ♪
a0126789_2321643.jpg


とても優雅な時間に姉妹で癒されました!!
も~、ほんとに素敵でした♪
ル・プランさん、素敵なひと時をありがとうございました!
ぼっちゃんを見てくれていた旦那さん、ありがとう!
[PR]
by omemetan | 2013-10-14 23:11 | グルメ | Comments(6)

アメリカの魯山人、デビット・ウェルス。

仕事の打ち合わせで中野に向かう途中、少し時間があったので、吉祥寺駅に降りると
前方からデビットさんが歩いてきた!
「あれ?!デビットさんじゃない?」
思いがけない再会。何年ぶりに会うだろう?
そこで立ち話をすると先月、荻窪に越してきたそうな。
デビットさんは、15年以上前に国立の和食屋さんで板長さんをしていて、
家族でよく食事に行っていて親しくなった。
和食の板さんが青い目の白人なんて、とても珍しいでしょ?
奥多摩へバーベキューに行った時、川で溺れた甥っ子を助けるため
靴を履いたまま、川に飛び込み助けてくれたこともありました。
甥っ子の命の恩人でもあります。
デビットさんは、学生時代に小津安二郎に魅せられて、日本にやってきた。
大学留学時代に魯山人を知り、大学卒業後、辻調理師専門学校で日本料理を学び、
美濃焼や有田焼や数カ所の窯元で修業し、今では、自分で焼いた器に
お料理を盛り付けておもてなしする、まるで魯山人のようなことをされている方です。

「お庭のある1件家に引っ越したものの、お庭をどうしたらいいか相談に乗ってほしい。
ランチを用意するから、食べながら話さない?」と言うことで
食べ物に釣られて母と妹と早速、出かけてきました。

a0126789_042057.jpg


荻窪の住宅街はちょっと昭和な雰囲気で懐かしい感じがします。
デビットさんが「この感じいいでしょ~?」と言うのが不思議で
外国人なら、京都とかいいと言いそうですが、きっとデビットさんは前世は日本人だったのかな?
「なんだか親戚がうちに来た気がするよ。」と言ってくれたのも嬉しかったな。
門をくぐると立派な松の木が植えてあります。
あじさいや、梅の木などもあり、植物が沢山植えられたお庭でした。
妹も母もお庭いじりが大好きなので、もっときれいに出来るわよと張り切っていました。
秋にはお庭が整うよう、お手伝いに来ることになりそうです。
その時は、デビットさんのランチ付きで!!

a0126789_0175486.jpg


柚子をたっぷり使ったさけの焼き物。

a0126789_018986.jpg


牛蒡とセロリの胡麻和え。

a0126789_0182468.jpg


地鶏と根菜を3日かけてお出汁の味を滲みこませた煮物。

a0126789_019325.jpg


妹がお土産に持ってきたシャンパンを飲みながら、美味しいお料理をいただきました。

a0126789_0195360.jpg


デビツトさんが、ヒョイヒョイッと作ってくれた梅の枝のお箸は見た目は使いずらそうなんですが
とても使いやすいお箸でした。

a0126789_0225687.jpg


シャンパンはあっという間に空になり、デビツトさんがカクテルを作ってくれました。
苺をミキサーにかけ、焼酎を混ぜたもの。
苺の香りが広がる濃厚な美味しいカクテルでした♪

a0126789_025191.jpg


食後は、お土産に持って行ったマクロビのレシピの豆腐で作ったチーズケーキ。
お庭のクリスマスローズなどを束ねて、小さなブーケを添えて。

a0126789_0272480.jpg


夕方、うちのぼっちゃんを散歩に連れて行った時、つくしが生えていたので
デビットさんに刺激を受け、お豆腐と一緒に卵とじに。

a0126789_13504.jpg


夜に撮ったので、ちょっとグロテスクな写真になっちゃった!
あらためて、お出汁の味など日本食っていいな~と思いました。
[PR]
by omemetan | 2013-03-16 23:05 | グルメ | Comments(0)

ロマネスコ怨の会(笑)

a0126789_18241733.jpg


庭のバラがだいぶ芽吹いてきました。あと1月半もすれば、バラが満開の季節が訪れます♪

ところで食べ物の恨みは恐ろしいですね~。
(詳しくは、あけさんのブログをお読みください。)
この事件がきっかけで、素晴らしいホームパーティーにお呼ばれしました!
バラのお友達のUご夫妻は、毎年イギリスへ旅行に行かれ、静岡のほうでボランティアで
素晴らしい庭園を作られています。
お庭の一角で育てた貴重なブロッコリー『ロマネスコ』で
素晴らしいお料理を作ってもてなしてくださいました!

a0126789_18411535.jpg

テーブルには、お花と共に この日のメニューが手作りカードに記されていました。

a0126789_18424990.jpg

熱々のポタージュには、自家栽培のロマネスコがたっぷり。

a0126789_18434840.jpg

自家栽培のロマネスコにゴルゴンゾーラが効いたキッシュとサラダ。

a0126789_1845466.jpg

バーニャカウダは、いろんなお野菜がたっぷりと!
タラの芽が春らしく、とてもソースに合い、ビックリ!!

a0126789_18464948.jpg

お肉料理には、自家製マーマレードでアクセントを。

a0126789_18474197.jpg

デザートは、果肉たっぷりの2色のグレープフルーツゼリー♪

どれもこれもとっても美味しく、乾杯のシャンパンから始まり、ワインがすすんでしまいました!!


あ~、夕飯の支度をしなくては!
続きは、またあとで。


夕食の支度やベビーちゃんをお風呂に入れている間にお二人の方からコメントが。
コメントありがとうございます。

Uさんご主人は、東京ガスの男の料理教室に通われ、奥様と一緒に この日のお料理を
用意してくださいました。
グラスが空になるとさりげなく席を立ち、ワインを注いでくださったり、
白から赤ワインに変える時は、新しいグラスを出してくださったり
とても気が利き、スマートなおもてなしをしてくださいます。
昔は、ちゃぶ台をひっくり返すような亭主関白なご主人だったそうです。
今のご主人からは想像できないですが、いろいろな経験の中で大切なのは家族だと
気づいてから変わったそうです。
素晴らしいですね♪
ブロッコリー尽しのお料理は、とっても美味しくて、素晴らしいものでした!
ブロッコリーのフルコースにするため、メニューには悩まれたそうです。
とても奥深い食材だなと再認識しました。
真心いっぱいのおもてなしに、お腹も心もいっぱいになりました。
Uご夫妻、ありがとうございました♪
[PR]
by omemetan | 2012-03-21 18:49 | グルメ | Comments(12)

パティスリー・アカシエの本

a0126789_1921234.jpg








浦和にある大好きなケーキ屋さん『パティスリー・アカシエ』の興野さんが本を出されました。

a0126789_18553510.jpg


興野さんの義理のお母様と親しくさせていただいていて「子育てで、毎日、忙しいでしょう?」と
プレゼントしてくださいました。ありがとうございました!

表紙は、私の大好きなケーキ『アントワネット』が!!
このケーキ、とても大きいのですが、あまりの美味しさにペロリと食べちゃえます♪

中を開くと、お店のケーキの作り方がこれでもかと紹介されていて、
レシピまで載せちゃっていいの?!と驚いてしまいました!
でも、材料が厳選されているうえに とても複雑で、これは簡単には真似できないと思いました。

冒頭に、興野さんのケーキ作りへの思いが綴られていました。
「僕が一生かけて紐解きたいのが、古典菓子。少し前、古典の解体、再構築が流行しましたが
歴史あるレシピは、あえて壊す必要はないと考えます。
古いレシピを読んでは、その菓子が考案された時代に思いをはせ、
もし現代の食材と道具があるならこうするのではないか?
古典を解体ではなく解読し追求しながら出しているのがアカシエのお菓子。
古典に対する僕の感想文です。
いつも変わらない美味しさは、実は時代に合わせて少しずつ変化しているもの。
伝統のエスプリを感じとって最先端の食材と道具で作れば、
もっとも新しいおいしさの表現になりえるはずです。」
なるほど~。興野さんのお菓子は、パンチがあります。
伝統的なお菓子も何か違うのですよね。
時代と共に、今の匂いを感じられる人は、飽きさせません。

本を眺めていたら、アカシエのケーキがもの凄~く、食べたくなった!
ひとっ走りで行けたらな~。
[PR]
by omemetan | 2011-10-20 19:18 | グルメ | Comments(3)

美味しいお蕎麦屋さん♪

すっかり、肌寒くなってきて、秋がやってきたようです。(嬉しい♪)
昨日は、真ん中の妹の次男が運動会の振り替え休日で、
せっかくだからどこかにお出かけしようと 母に誘われ、
久しぶりに西八王子にある蕎麦屋『坐忘』
にランチしに出かけました。
本当は、他のレストランに行く予定だったのですが、お休みだったので急遽、
予定を変更し、車を走らせました。
「あけさんちのそばだから、あけさんも誘ってみよう!」と電話すると
「少し遅れるけど、行く行く~!!」とのこと。
ダイエット中のあけさんですが、お蕎麦ならいいかな?

a0126789_11361919.jpg


a0126789_11363954.jpg


a0126789_11455351.jpg


画像は、カメラを持って行かなかったので、妹にiphoneで撮ってもらいました。
iphone の写真、なかなかいいな~。携帯でこれだけ撮れればいいですね。

『坐忘』は、もう10年以上前から、家族で行っているお店です。
お蕎麦は香り高く、とっても美味しいうえに、天ぷらやほかのお料理も絶品です!
なおかつ、そんなにお高くないのです。
そして、お酒が美味しい!!
うちの家族は みんな飲むので、いつも誰が運転するか、もめます。
この日は、私は、ベビーちゃんがいるし、妹は、手を怪我しているので
今回は、母の運転です。
お昼のコースにしましたが、やっぱりとっても美味しかった~!
ここは、はるばる行く価値のあるお店です。
多摩近辺にお住まいの方はぜひ~♪
[PR]
by omemetan | 2011-09-27 11:21 | グルメ | Comments(5)

久しぶりのお出かけ♪

庭のバラには、蕾がたくさん、付き始めました。あと、1ヶ月もすれば、満開となるでしょう!
実家の庭は、ピンクのバラを中心に植えていますが、
自宅の庭は、猫の額ほどの小さな庭なのですが白バラばかりを植えています。
去年、引っ越してきたので、まだまだ、途中のお庭ですが
バラの木も育ってきて、今年の5月は、美しい花を咲かせてくれそうで、とても楽しみです。

テラスの様子。
父に工事をお願いし、広い縁側を取り外し、テラスにして
お庭を眺めながらお茶が出来るスペースにしました。
a0126789_13294943.jpg


久しぶりにお出かけしてきました。母と美輪明宏さんの舞台『愛の賛歌』を観るために銀座まで。
フランスの大歌手、エディット・ピアフのお芝居です。
美輪明宏さんの舞台は初めてです。どんな舞台かとても楽しみでした。
テレビで見るより、小柄な感じがしました。
美術、衣装、演出とすべて 美輪明宏さんが手掛けているそうです。
とても美しくて、素晴らしかったです。ルネ・マグリットの絵のようでした。
衣装も素晴らしく、ピアフの舞台での衣装は、ボリューム感がとてもゴージャスで
あの感覚は、さすがだ!!と思いました。
美輪さんの独特の世界が広がって、歌われる姿はピアフの歌とは違うのですが、
何故かピアフの姿が重なって見える不思議な感覚がありました。
心で感じられているからなのでしょうか?
本当に素晴らしい舞台でした。

銀座までせっかく 出てきたので、母と早めに待ち合わせして、三越でランチをしました。
『デンマーク・ロイヤル・カフェ』で。
デンマーク料理と言えば、オープンサンドですが、数年前からデンマークで流行中の
お寿司とそのオープンサンドを融合させたお料理『スムーシー』を食べに。

a0126789_13485846.jpg


雑誌Penに数年前に紹介されているのを見て、一度食べてみたかったのですが、
デンマークまではなかなか行けず、でも昨年、日本にオープンし 食べられるようになりました。
携帯で撮った写真なので、いまいちですが、と~っても可愛らしいお料理で感激しました。
具材に合わせて、白パンだったり、ライ麦パンや黒パンだったり変えてあります。
生ハムやお野菜、チーズなどをハーブで味付けして、エディブル・フラワーと共に
飾りつけてあります。
お酒は控えなくてはいけない時なのですが、せっかくなので 1杯だけ頼みました。
どれもとても美味しかったです。
このほかに、日替わりのスープもしくは サラダに、デザートとコーヒー又は、紅茶がつきます。
デザートは、チーズケーキとフルーツにアイスクリームの盛り合わせ。
ちょっと、足りないかな?と思ったのですが、結構なボリュームで満足でした。
本当は、Mayさんとお食事に行きましょうと約束していたお店だったので
Mayさん、先に行ってしまって、ごめんなさい。
とても美味しかったので、ぜひ、お出かけしましょうね。
[PR]
by omemetan | 2011-04-12 22:39 | グルメ | Comments(4)

友人を訪ねて。

暖かい日が続いています。白木蓮が満開で、まもなく桜も見ごろですね♪
「お花見は自粛」と言うニュースがありますが、上野や井の頭公園は毎年、お花見するよりも
宴会に夢中になっている人ばかり。
酔っぱらって、どんちゃん騒ぎしている人は、嫌になります。
お花見のゴミ問題、もの凄いですものね!
お花見客のゴミの処理に、市の税金が何百万も使われるそうです。
公共の場所なので、ゴミは、各自で持ち帰り、公園はきれいに使って欲しいです。
家族や友人と手作りのお弁当を持って、桜を楽しむことはいいのではないでしょうか?
四季を楽しむことは、日本では古くからの習慣で、とても素敵なことですよね。
今年ものんびりと桜を愛でながら、美味しいものを食べて楽しく過ごしたいと思います。

埼玉の友人に会いに母とお出かけしてきました。
待ち合わせは『アカシエ・サロン・ド・テ』

こちらのお店は、ケーキ好きには とても有名で 雑誌やテレビなどにも頻繁に出ているほどの
評判のお店です。
去年、ケーキや焼き菓子を販売するお店のそばに、注文を受けてから作る
デセールのお店をオープンしました。
オーナーでパティシエの興野さんのアイデアには、いつも驚かされます。

ブリュレとグラニテをサンドしたサヴァラン・バーガー
ココナッツのグラス添え
a0126789_1540818.jpg


ブリオッシュのパンベリュデュ
ラム酒の香りのバナナソテーとキャラメルソースがけ
a0126789_15441123.jpg


和栗のモンブラン仕立て ラム酒のグラニテがけ
とろけるショコラのクロケット添え
a0126789_15455395.jpg


クープ アントワネット
a0126789_15463646.jpg


私は、サヴァラン・バーガーをいただきました。
サヴァランは、興野さんが修行していたフランスの老舗のケーキ屋さんの
得意メニューだったそうです。
フランスの伝統あるサヴァランを知ったのち、興野さん流にアレンジされたサヴァランは
とても味わい深いものでした。
パイナップルをカリカリに焼いたものや軽いサクサクのメレンゲがサヴァランを
とても惹きたてていました。
計画停電の影響で、ケーキの材料を作っている乳製品などの工場がうまく稼働できず
材料の入手に苦労されているようですが、興野さんは、これからもパワフルに
ケーキ作りに取り組んでいくそうです。
帰りは、ケーキ屋さんのほうにも寄って、家族のお土産用に沢山、ケーキを買って帰りました。
夫には、バラとライチのシュークリームがたっぷりの『マリー・アントワネット』を。
甘いものは、ほんの少しで満足なはずなのに、珍しくペロリとたいらげました。
「う~ん!こんな美味しいケーキ食べたことがない!!」と言ってました。
絶対、残すだろうと思っていた私は、当てがはずれました。
もう1個 買ってくれば良かったな。
また、近々、行ってこようと思います。
[PR]
by omemetan | 2011-03-31 15:23 | グルメ | Comments(2)

お友達とランチへ♪イタリアンレストラン『草門去来荘 MON』

薔薇のお友達、あけさんとMayさんに誘われ、ランチに出かけました。
我が家から車で15分くらいの東村山市にあるイタリアンレストラン『草門去来荘 MON』

野火止用水に面した一軒家のレストランです。
大きな門をくぐると、母屋がありそこは懐石料理のお店。すぐ近くの離れは茶室になっています。
母屋に続いている建物は韓国風のインテリアで鰻のお店。
その奥に、洋館があり、そこがイタリアンレストランです。
屋根が三角でとっても可愛い。
中に入ると漆喰壁の落ち着いた雰囲気でした。
2階の個室でいただいたお料理は、なかなか美味しかったです。
一つ残念だったのは、店内を流れる音楽がイタリアのポップスでうるさいのです。
イタリア語で歌われているからってあまりにも不釣り合いなので音楽を変えてくれないかと
声をかけると、有線なので出来ないとのこと。
支配人らしき人も、音楽のことはなんにも気に留めていない様子。
音楽でこのお店の雰囲気を台無しにしていました。
も~、ガッカリです。私には理解できません。
ここまでこだわるなら、徹底してほしい!と思います。
最後に出された焼き菓子は、とっても美味しかったです♪
コーヒー豆のビスコッティとトウモロコシのチュイル?は絶品でした。
a0126789_16424464.jpg
a0126789_1643210.jpg
a0126789_16434187.jpg
a0126789_16443360.jpg
a0126789_16445935.jpg
a0126789_16451470.jpg
a0126789_16453683.jpg
a0126789_1645457.jpg
a0126789_16455366.jpg
a0126789_1646372.jpg
a0126789_16461598.jpg
a0126789_16462959.jpg
a0126789_16464141.jpg

[PR]
by omemetan | 2010-07-14 16:23 | グルメ | Comments(0)

出版記念のお祝い会♪

6月18日(金)

薔薇のお友達、あけさんとMayさんから思いがけないサプライズ・プレゼント!
「カフェ・ローズガーデン、お疲れ様。忙しかったでしょう~?
出版記念のお祝いにお食事に行きましょう!」とお二人がご招待してくれました。
いつもいつも、すぐそばで私を応援してくださる心優しいお友達。
私の方こそ、感謝のお礼をしなくてはならないのに!
場所は、あきる野の緑あふれる山の中。
完全予約制のレストラン『osteria C. 』(オステリア チ.)

a0126789_14303739.jpg



もと建築家のご主人とその奥様が心を込めて おもてなししてくださる隠れ家的レストランです。
こちらのご夫婦は、食べることが大好きな方のようで、食に対しての情熱が溢れています。
年4回、メニューが変わり、2種類のコースが用意されています。
この日のメニューは、

a0126789_1430936.jpg


冷たく冷えた白ワインを頼んで、乾杯です。
a0126789_14314068.jpg
a0126789_1431517.jpg
a0126789_1432586.jpg
a0126789_14321592.jpg
a0126789_14322440.jpg
a0126789_14323553.jpg
a0126789_14324318.jpg


と~っても美味しかった~!!
久しぶりに感激したお店でした!
あけさん、Mayさん、ありがとうございました~!ご馳走さまでした!!
お礼に、今、あるものを作っています。もう少しで出来るので、待っていてくださいね♪

帰りは、あけさんのお家に寄って、もう少し お喋りしました。
あけさんちは、まだまだバラが綺麗でしたよ!
ブルーベリーも鈴なりでした!

a0126789_14385849.jpg
a0126789_14391037.jpg


完全予約制のレストラン『osteria C. 』(オステリア チ.)
〒190--173 東京都あきる野市戸倉843-1
TEL/FAX 042-596-3595
水・木 休日 *3日前に予約
[PR]
by omemetan | 2010-07-12 14:42 | グルメ | Comments(4)

美味しい美味しいSweetsを求めて。

浦和に知る人ぞ知る、美味しいケーキ屋さんがあります。その名は『アカシエ』
友人の薔薇の画家・流郷由紀子さんの親戚で、
いとこにあたるユキコさんのお嬢さんのご主人様である興野さんが開いているお店です。
とても好奇心旺盛でパワフルな興野さんですが、作られるSweetsは、繊細でダイナミックです。
私は、興野さんの人柄も大好きですが、ケーキも大ファンです。
とっても美味しいんですよ~!!
薔薇のお師匠さまである玉置一裕さんが編集長の雑誌『New Roses』では、
河本純子さん作出のバラ『ラ・マリエ』をイメージしたSweetsを作っていただきました。
この時の撮影場所は私の実家のリビングで。
とっても美味しいSweetsでした!あ~、また食べたい。
『アカシエ』は、ケーキ好きにはとっても有名なお店でカフェのオープンをファンの方々に切望されていました。
そしてとうとう、6月6日オープンしました。
『アカシエ・サロン・ド・テ』は、 ケーキを販売している『パティスリー・アカシエ』から200mほど離れたところにあります。
母が、一足先に友人と出かけてきて、少し興奮状態で「すご~く美味しかったわよ~!」と電話があり
食いしん坊の私はいてもたってもいられなくなり、妹を誘って出かけてきました。
お店はパリをイメージしたシックな作りで、カウンター席とテーブル席があります。
メニューはケーキの他にシェフがカウンター越しでその場で作るアシェットデセールというものがあり
*アシェットアントワネット(マリネした赤いフルーツとバラのスープ、バラのアイスクリーム、マールドシャンパンのサバイヨン)
*アシェット・フォレ・ノワール(ダークチェリーを詰めたフォンダンショコラ、キルシュとタヒチ産ヴァニラ
アイスクリーム、クロッカンカカオとジュレグリオット添え)
*パン・ベリュデュ・キャラメル・ミエル・ソース・バルサミック(ブリオッシュのフレンチトースト、クルミ入りキャラメル和えシュシェン
(ハチミツ酒)のアイスクリーム、煮詰めたバルサミコ酢ソースがけ)
の三種がありました。私と妹は下2つを注文。
もうこれは、マジックでした!興野さん、天才!!
アカシエ本店で販売されているケーキも食べられますが、サロンでしか食べられないアシェットデセールがやはりお勧めです。
季節の果物を旬の時だけ使い、これからは、宮崎マンゴーや夕張メロン、白桃なども
登場するそうで~す!!
皆さ~ん、浦和に走って下さい!!
a0126789_12121086.jpg

a0126789_12123832.jpg
a0126789_12125622.jpg
a0126789_1213620.jpg

[PR]
by omemetan | 2010-06-18 11:13 | グルメ | Comments(2)


国分寺の住宅街で期間限定のCafeを開いていました。今は、子育て休業中。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
薔薇の下で……。
from Under the Rose。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧